アイスランドの世界遺産一覧

2020年現在、アイスランドにはシンクヴェトリル国立公園、スルツェイ島、ヴァトナヨークトル国立公園の3つの世界遺産が登録されています。以下、各世界遺産の基本情報をまとめています。

 

アイスランドの世界遺産
シンクヴェトリル国立公園 スルツェイ島
所在地 アイスランド南西部(レイキャビクの40km北東) 所在地 北大西洋上・ヴェストマン諸島(アイスランド本島の南海上10km)
登録年 2004年 登録年 2008年
登録区分 文化遺産 登録区分 自然遺産
面積 9270ヘクタール 面積 3370ヘクタール
特徴 世界最古の近代議会「アルシング」発祥の地 特徴 1963年海底火山の噴火により出現した無人島。
ヴァトナヨークトル国立公園
所在地 アイスランド南東部 所在地
登録年 2019年 登録年
登録区分 自然遺産 登録区分
面積 1414100ヘクタール 面積
特徴

・国土の8%にも及ぶ広大なヴァトナヨークトル氷河を内包。
・400〜600 mの分厚い氷の下には多くの活火山が存在。

特徴
 
トップへ戻る