アイスランド人の7割が信仰する宗教とは

0_logo_church_of_iceland

アイスランド国教会のシンボル

 

アイスランドでは主にキリスト教のアイスランド国教会(正式名称:アイスランド福音ルーテル教会)が信仰されており、信徒は国民の7割におよびます。ここではアイスランドでアイスランド国教会が普及するまでの歴史を紹介しています。

 

 

国教化

もともとアイスランドでは北欧に伝わる神々(オーディン、トール、フレイなど)が信仰されていましたが、先んじてキリスト教化したノルウェーからの圧力もあり、1000年にアルシングにおいて、国教をキリスト教へ改宗することが決定されました。

 

学芸の隆盛

キリスト教への改宗と同時に島内には司教座も設置されました。司教座には学校が併設され、そこで子供達が学芸を学んだことから、キリスト教文化の全島民への浸透とともに、ラテン語の普及・学芸の隆盛が起こりました。

 

ルター派への改宗

さらに16世紀になりドイツで宗教改革が発生すると、を越えてアイスランドにもその影響がおよび、1550年のデンマークの圧力のもとルター派に改宗しました。

 

ルター派とは
マルティン・ルターの信仰に従うキリスト教プロテスタント最大の教派。ルターは、教皇が財政難の解決手段として免罪符を売り始めたことに反発し、信徒の規範は教会ではなく聖書であると唱え「九五箇条の意見書」を発表。宗教改革の口火を切った。ルターによる提唱はドイツ諸侯の支持を集め、やがて北欧諸国、アメリカにまで伝わっていった

 

近年の動向

現在、アイスランド国教会の司教区がレイキャビクに1カ所、教区が全国に300カ所存在しています。

 

また近年は国民の価値観も多様化していき、無宗教の人々も増えています。また2015年には「アサトル協会」が北欧神話の神々を祀る神殿の建設を開始しており、古来よりのアイスランドの信仰を復活させようとする活動(ネオペイガニズム)も目立ち始めています。

基本情報

アイスランド共和国
Republic of Iceland


アイスランドの国旗

国旗

アイスランドの国章

国章

場所
地理
建国・独立 1944年6月17日
首都 レイキャヴィーク
人口(2018年総計) 355,620人(170位)
面積 103,000km2(105位)
社会
主要民族 アイスランド人
公用語 アイスランド語
主要宗教 アイスランド国教会(ルター派)
政治・経済
憲法 アイスランド共和国憲法
政治制度
  • 共和制
  • 議院内閣制
国家元首 大統領
軍事組織
  • アイスランド危機対応部隊
  • 防衛庁
  • 沿岸警備隊
  • 警察特殊部隊
主要産業
通貨 アイスランドクローナISK
自然
気候

南部:西岸海洋性気候(Cfc)
北部:ツンドラ気候(ET)

クヴァンナダルスフニュークル(2,106 m)
ショウルス川(約230km)
ヨークルスアゥルロゥン(18 km2)
グリームル(約190m)
インフラ
主要空港
  • ケプラヴィーク国際空港
  • レイキャヴィーク空港