アイスランド語が難しいのはなぜ?

アイスランド語が難しいのはなぜ?

 

アイスランドの公用語は、国民の9割が用いるアイスランド語です。(残り1割は主に移民労働者による外国語(ポーランド語、リトアニア語など)です)アイスランド語は、アイスランドの四方をに囲まれた「絶海の孤島」という地理的特性上、中世からの言語変化がほとんどなく、古典的で難解な言語ともいわれています。ここではそんなアイスランド語の歴史や特徴を紹介しています。

 

 

アイスランド語の基本情報

公用語 アイスランド語(氷島語とも)
話者人口 約30万人
言語系統 インド・ヨーロッパ語族>ゲルマン語派>北ゲルマン語郡>西スカンジナビア諸語>アイスランド語
アイスランド語の表現文字 ラテン語
アイスランド語の有名文学 『エッダ』

『サガ』

アイスランド語の歴史年表

9世紀
ノルマン人ヴァイキングにより古ノルド語が持ち込まれる
12世紀
アイスランド語で最も有名な文学『サガ』が執筆される
13世紀
北欧神話を記した『エッダ』が執筆される
12世紀〜16世紀
母音の発音が変化

 

アイスランド語の特徴

アイスランド語は、9世紀に北欧民族のバイキング(ノルマン人)によってもたらされた古ノルド語を起源としています。

 

古ノルド語はスウェーデン語やデンマーク語、ノルウェー語などの起源でもありますが、これらの言語が長い時間をかけて大きく変化してきたのに対し、地理的に孤立していた関係から、アイスランド語は古い時代の形を多く残しているのが特徴です。

 

そのため現代アイスランド人は、中世北欧で編纂された『エッダ』や『サガ』などの、古典書物でも難なく読解ができるようです。古典文学的に価値が高い言語なんですね。

 

アイスランド語は難しい?

アイスランド語は、他の地域からの影響がほとんどなかった保守性の高い言語なので、ヨーロッパの諸言語の中でも、特にマイナーで難しいといわれています。

 

しかしアイスランドは英語教育が義務教育として取入れられているので、大半の国民、とくに観光業に携わる人などは普通に英語が話せます。そのため旅行などでは、アイスランド語が話せなくても英語がそこそこわかるなら、あまり心配する必要はないと思います。

 

 

ただ最低限簡単な挨拶くらいは覚えていったほうが何かと便利かもしれません。アイスランド語の基本的な挨拶はこちら>>アイスランド語の基本的な挨拶一覧で紹介していますので、よろしければ参考にしてください。


基本情報

アイスランド共和国
Republic of Iceland


アイスランドの国旗

国旗

アイスランドの国章

国章

場所
地理
建国・独立 1944年6月17日
首都 レイキャヴィーク
人口(2018年総計) 355,620人(170位)
面積 103,000km2(105位)
社会
主要民族 アイスランド人
公用語 アイスランド語
主要宗教 アイスランド国教会(ルター派)
政治・経済
憲法 アイスランド共和国憲法
政治制度
  • 共和制
  • 議院内閣制
国家元首 大統領
軍事組織
  • アイスランド危機対応部隊
  • 防衛庁
  • 沿岸警備隊
  • 警察特殊部隊
主要産業
通貨 アイスランドクローナISK
自然
気候

南部:西岸海洋性気候(Cfc)
北部:ツンドラ気候(ET)

クヴァンナダルスフニュークル(2,106 m)
ショウルス川(約230km)
ヨークルスアゥルロゥン(18 km2)
グリームル(約190m)
インフラ
主要空港
  • ケプラヴィーク国際空港
  • レイキャヴィーク空港