アイスランドの言語の特徴|難しいって本当?

アイスランドの言語の特徴|難しいって本当?

アイスランドの言語の特徴|難しいって本当?

アイスランドの言語
公用語 アイスランド語(氷島語とも)
話者人口 約30万人
言語系統 インド・ヨーロッパ語族>ゲルマン語派>北ゲルマン語郡>西スカンジナビア諸語>アイスランド語
アイスランド語の表現文字 ラテン語
アイスランド語の有名文学 『エッダ』

『サガ』

アイスランド語の歴史年表

9世紀
ノルマン人ヴァイキングにより古ノルド語が持ち込まれる

 

12世紀
アイスランド語で最も有名な文学『サガ』が執筆される

 

13世紀
北欧神話を記した『エッダ』が執筆される

 

12世紀〜16世紀
母音の発音が変化

 

アイスランドではアイスランド語が公用語として採用されており、国民9割が使用しています。 残りはポーランド語やリトアニア語で、主に移民労働者により利用されています。

 

アイスランド語話者のほとんどはアイスランドに居住しており、アメリカや北欧諸国、カナダなどにわずかに話者が存在します。

 

アイスランド語の歴史

9世紀に北欧民族のバイキング(ノルマン人)によってもたらされた古ノルド語が起源です。古ノルド語はスウェーデン語やデンマーク語、ノルウェー語などの起源でもありますが、アイスランド語は他の言語より保守性が強く、中世からほとんど変化していません。

 

そのため現代アイスランド人は、中世北欧で編纂された『エッダ』や『サガ』などの、古典書物でも難なく読解ができるようです。古典文学的に価値が高い言語なんですね。

 

逆に保守性が強いということは、他の地域との言語の交わりが少なかったということなので、ヨーロッパでもマイナーで難しい言語といわれていますね。

 

観光にアイスランド語は必要?
アイスランドは英語教育が義務教育として取入れられているので、大半の国民、とくに観光業に携わる人なんかは普通に英語が話せます。旅行などではアイスランド語が話せなくても、英語さえ話せれば十分と思われます。

 

トップへ戻る