アイスランド社会

アイスランドの民族―割合アイスランド人9割ポーランド人など外国人移民1割アイスランドはもともと無人の島で、本格的な入植が始まったのは874年になってからです。ヴァイキング時代に、ノルウェーやデンマークからノルマン人を中心とする北欧民族が、海を越えてやってきて定住を始めました。この時にやってきたノルマン人が、大半のアイスランド人の祖先といえます。ただ植民者の全員がノルマン人だったわけでなく、一部アイ...

アイスランドの言語公用語アイスランド語(氷島語とも)話者人口約30万人言語系統インド・ヨーロッパ語族>ゲルマン語派>北ゲルマン語郡>西スカンジナビア諸語>アイスランド語アイスランド語の表現文字ラテン語アイスランド語の有名文学『エッダ』『サガ』アイスランド語の歴史年表9世紀ノルマン人ヴァイキングにより古ノルド語が持ち込まれる12世紀アイスランド語で最も有名な文学『サガ』が執筆される13世紀北欧神話を...

アイスランドの宗教アイスランド国教会のシンボル―アイスランド国教会カトリック教会ルーテル教会無宗教全体に占める宗教人口の割合※63.47%4%2.75%7.17%アイスランドでは主にキリスト教のアイスランド国教会(ルター派)が信仰されており、全体の7割がこの宗教を信仰しています。アイスランド国教会の司教区がレイキャビクに存在します。もともとアイスランドでは北欧神話が信仰されていましたが、10世紀に...

アイスランドの警察アイスランド国家警察(Logreglan)アイスランド沿岸警備隊(Gaslan)アイスランド警察特殊部隊(Vikingasveitin)アイスランド危機対応部隊(ICRU)所属組織内務省内務省内務省外務省担当区国内全国領海国内および海外国内主な業務治安維持全般・領海の治安維持・沿岸防衛・海上における捜索救助・テロ対策・要人警護平和維持設立1778年1926年1982年1990年代...

ヨーロッパといったら、何かとスリにあっただの、置き引きにあっただの聞くかも知れませんが、アイスランドの治安はとても良いです。日本と比べても遜色ないどころか、日本よりも良いとすら言われています。世界経済フォーラムがまとめた「世界で最も犯罪が少なく、安全な国 トップ20」のうち、アイスランドは3位にランクインしています。(ちなみに日本は10位)治安が良い理由は、国民性や住民の少なさが関係していると言わ...

アイスランドの教育義務教育期間6〜16歳(初等教育の10年間)開始年度・学期【二学期制】1学期:8月上旬〜12月中旬2学期:1月上旬〜6月上旬教育分類初等教育(小中学校):10年中等教育(高校):4年間高等教育(大学):3〜6年間義務教育で学ぶ教科アイスランド語,数学,美術,工芸,家庭科,音楽,社会,自然科学,体育,デンマーク語,英語国際学力ランキング歴史年表アイスランドの学校の大半(私立学校は全...

アイスランドの結婚制度結婚可能年齢18歳以上平均結婚年齢男性:34.5歳女性:31.8歳婚姻後の姓夫婦別姓同性婚合法(2015年以降)結婚式の形態キリスト教(ルター派)式婚姻手続き婚姻届けの提出(出生証明書、婚姻状況証明書などの提出が必要)離婚手続き離婚届の提出アイスランドでは結婚するより前に、同棲生活を長くする場合が多いです。何十年も同棲してから結婚するなんてことも珍しくありません。というのも「...

アイスランドの医療平均寿命男性:80.9歳女性:85.3歳(世界第6位)医療機関ほぼ全て国家運営医療制度公費負担85%保険支出主な死因医療資格歴史アイスランドの医療は、北欧の福祉国家モデルにならい、福祉省の管理で、医療費の大半が税金(およそ85%)により賄われています。そのため政府支出のかなりの部分が医療に割り当てられています。病院アイスランドには、全国に合計6つの地方病院と、16の医療機関が存在...

アイスランドは、他のヨーロッパ諸国と比較しても、治安や人権面で非常に進んでいる国です。しかしだからといって、何も問題がないわけではありません。アイスランドにはアイスランドの社会問題が存在します。観光客問題アイスランドは自然豊かな国で、有名ドラマのロケ地になるなどの宣伝効果もあり、近年観光客が増大しています。2010年に50万弱だった観光客も、2017年には230万人にも達し、今や観光業は、この国の...

トップへ戻る