アイスランドの司法制度の特徴と歴史

アイスランドの司法
制度

二審制
-最高裁判所
-地方裁判所

最高裁判所 場所:レイキャビク
参審制度 参審制・陪審制いずれも採用せず

 

アイスランドの司法府は二審制で、最高裁判所と地方裁判所により構成されます。アイスランド共和国憲法は、司法府は他の2つの権力(行政府、立法府)から侵害されないことを補償しています。

 

立法府であるアルシングの設立初期は、司法府の役割も担っていました。のちに司法府として分離し、1919年に最高裁判所法に基づき裁判所が設立され、1920年2月16日に最初の会議が開催されました。

トップへ戻る