アイスランドの国会(アルシング)の特徴と歴史

アイスランドの国会(アルシング)の特徴と歴史

アイスランドの国会(アルシング)の特徴と歴史

アイスランドの立法府(国会)

呼称

日本語:アルシング
アイスランド語:Altingi
古ノルド語:Alting
英語::Althing

制度 一院制
定数 63
選挙制度 比例代表制
議事堂 アルシング議事堂(レイキャビク)
歴史

930年
地域ごとの民会が集まって「アルシング」が開催されるようになる。

 

1262年
ノルウェーにより植民地化され、アルシングは事実上停止させられる。

 

1800年
14世紀にデンマークに支配権が移って以降、アルシングは形式上は存続したが、独立運動が活発になると再び禁止させられた。

 

1847年
独立運動が再燃し、アルシングが復活する。

 

1918年
第一次世界大戦の混乱に乗じて自治を獲得。アルシングが議会政府として機能するようになる。

 

1944年
デンマークがドイツに占領されたことで、独立を宣言。

 

1991年
憲法改正により二院制から一院制に移行

 

アイスランドの立法府は、「アルシング」と呼ばれ、現存する世界最古の近代議会とされています。930年にアイスランド島各地の民会が、シンクヴェトリルという丘に集まって、、政治集会を開くようになったのが始まりと伝えられます。(設立当初は司法府としての機能も備えていました。)

 

もともと人も住んでいなかった絶海の孤島に、史上初めて共和国が誕生したのです。国家といえば王や皇帝がいないと機能しないといわれていた当時にしては画期的な出来事でした。

 

13世紀以降は、ノルウェーやデンマークといった北欧の有力国に支配され、事実上機能停止していました。本格的に再始動するのは、20世紀になってデンマークからの独立、分離を達成してからになります。

トップへ戻る