アイスランドの地形的特徴は?

アイスランドの地勢
<地図画像>

面積 海岸線の長さ 海抜
103,000 km2 4,988 km

最高:2119 m
平均:500m

河川 海峡

・クヴァンナダルスフニュークル山(2106m)※国内最高峰
・カトラ火山(1512m)
・ヘルズブレイズ(標高1682 m)

・ソグ川(国内最大流量)
・ショゥルスアゥ(230km:国内最長)
・スケイザルアゥ(約30km)
・ブランダ(約125     
            km)

デンマーク海峡
半島

・ファクサ湾
・フーナ湾

スナイフェルス半島

・グリムセイ島
・ヘイマエイ島
・スルツェイ島

氷河 フィヨルド地帯

・ヴァトナヨークトル (8300 km2)
・ラゥングヨークトル (953 km2)
・ホーフスヨークトル (925 km2)
・ミールダルスヨークトル (695 km2)
・ドラゥンガヨークトル (199 km2)
・エイヤフィヤトラヨークトル (107 km2)
・スナイフェルスヨークトル (11 km2)

・ファクサ湾
・ブレイザフィヨルズル
・島西部
・フーナ湾
・島中北部
・島北東部
・島東部
・島南東部

 

アイスランドの大半の国土であるアイスランド島は、北大西洋上に浮かび、グリーンランドとの間でデンマーク海峡を形成しています。面積は103,000 km2と、大体日本の四国と北海道を合わせたくらいの大きさです。

 

大部分は溶岩・氷河・荒野が広がる不毛の地

アイスランドは「火と氷の国」と言われる通り、溶岩砂漠と氷河が広がる、寒冷な痩せた土地です。無人の山岳地帯と高原台地が国土の大半を占め、南部海岸線の温和な地域に人口のほとんどが集中しています。

 

フィヨルドが多い

アイスランド島国なので、長い海岸線を持ちますが、入り組んだ沿岸のフィヨルド地帯が多く、大きく分けると8カ所も存在します。

 

火山が多い

島の中央を北大西洋中央海嶺が通っている関係で、多くの活火山が存在します。最も高い火山は、アイスランド南東に位置する、エーライヴァヨークトルの一部をなすクヴァンナダルスフニュークル(標高2,119m)です。

 

トップへ戻る