アイスランドをとりまく海の名前

アイスランドをとりまく海の名前

 

アイスランドは四方を海に囲まれた島国です。有数の漁業大国として発展してきたアイスランドにとって、国土をとりまく海の存在は、国の歴史そのものといってもいいでしょう。

 

 

北大西洋

大枠で見ると、アイスランドは五大洋の1つである大西洋という大海に取り囲まれてい ます。大西洋はさらに南大西洋と北大西洋に分けられ、アイスランドが属するのは北大西洋です。北大西洋には各地に漁場が存在しますが、特にアイスランド近海は、北大西洋海流(暖流)と北極海からきた寒流がぶつかる栄養豊富な海域なので、世界有数の好漁場として知られます。

 

 

ちなみにアイスランド近海で特に多く獲れる魚としてはタラが有名です。干したタラを塩漬けにした塩ダラは国の名物料理です。

 

アイスランド人による大西洋横断

アイスランド出身のレイフ・エリクソンは、史上初めて大西洋横断者し、アメリカ大陸に到達した人物と『サガ』に記録されています。レイフはグリーンランドの発見者、赤毛のエイリークの息子です。997年、新天地を求め、グリーンランドから西方の海に船出し、1000年に小麦が自生する豊かな国ヴィンランド(かつて存在した北アメリカの地名)に到達したと伝えられています。

 

デンマーク海峡

グリーンランドとアイスランドとの間の海峡です。大西洋と北極海を繋ぐ海路で、重要な漁場として知られます。最狭部の幅は480km。第二次世界大戦では、ドイツとイギリスとの間で「デンマーク海峡海戦」が勃発しました。

 

アイスランドの長い沿岸線の中には多くの湾が形成されています。湾は所々入り組んでおり、「フィヨルド」と呼ばれる、北欧にありがちな複雑な地形を形成しています。そして一部フィヨルドでは漁業、海藻漁がさかんで、古くから地元住民の生活を支えてきました。

 

フーナ湾

 

幅:約 50 km
奥行き:約 100 km
面する都市・町:ブリョンドゥオゥス、スカーガストロント
アイルランド北部にある幅約50km、奥行き約100kmの湾です。名前は「若熊の大湾」の意。

 

ファクサ湾

 

幅:
奥行き:
面する都市・町:レイキャビク、アクラネース
アイスランド西部に広がる湾です。南岸に首都レイキャビクがあり、スナイフェルスネス半島、レイキャネース半島に挟まれています。名前は「たてがみの湾」の意。

 

ブレイザフィヨルズル

 

幅:50km
奥行き:125km
面する都市・町:フラト島の村
アイスランド西部に位置する湾です。名前は「広い峡湾」の意。スナイフェルス半島を挟み、ファクサ湾と隣り合っています。沿岸には多くのフィヨルドが連なっています。藻類や魚類を中心に生物多様性に富む湾で、漁業、海藻漁がさかんに行なわれています。

基本情報

アイスランド共和国
Republic of Iceland


アイスランドの国旗

国旗

アイスランドの国章

国章

場所
地理
建国・独立 1944年6月17日
首都 レイキャヴィーク
人口(2018年総計) 355,620人(170位)
面積 103,000km2(105位)
社会
主要民族 アイスランド人
公用語 アイスランド語
主要宗教 アイスランド国教会(ルター派)
政治・経済
憲法 アイスランド共和国憲法
政治制度
  • 共和制
  • 議院内閣制
国家元首 大統領
軍事組織
  • アイスランド危機対応部隊
  • 防衛庁
  • 沿岸警備隊
  • 警察特殊部隊
主要産業
通貨 アイスランドクローナISK
自然
気候

南部:西岸海洋性気候(Cfc)
北部:ツンドラ気候(ET)

クヴァンナダルスフニュークル(2,106 m)
ショウルス川(約230km)
ヨークルスアゥルロゥン(18 km2)
グリームル(約190m)
インフラ
主要空港
  • ケプラヴィーク国際空港
  • レイキャヴィーク空港