アイスランドの生息動物〜この国の固有種とは?〜

アイスランドの生息動物〜この国の固有種とは?〜

アイスランドで観光客に人気なパフィン

 

アイスランドに生息している動物は、実はヒツジを始めとする家畜が大半だったりします。しかし少ないながらも珍しい動物や、この国でしか見られない固有種なども存在します。

 

このページの目次

 

鳥類

空気の澄んだ自然豊かな土地なので、他の国では見られない多種多様な渡り鳥が観察できることでも知られます。中でも大きく鮮やかなクチバシが特徴的なパフィン(ニシツノメドリ)が有名で、パフィンウォッチングはこの国の観光名物になっています。

 

魚類

に目を向けると、アイスランド島の近海は、暖流と寒流がぶつかる潮目になっているので、多くの魚が栄養豊富なこの海域に終結し、それを目当てにやってくるクジラの観察(ホエールウォッチング)は、この国の重要な観光資源になっています。

 

固有種

アイスランドに固有種は多くありませんが、アイスランド・シープドッグは、この国に生息する数少ない固有種の1種です。バイキング時代に持ち込まれたノルウェイジアン・ブーフントが改良されてできた牧羊犬で、この国の大量のヒツジを管理・誘導するのに欠かせません。

 

生息動物の一覧

分類 名前
草食哺乳類

・ヒツジ
・アイスランディック・ホース
・ウシ
・トナカイ
・ウサギ

肉食哺乳類

・アイスランド・シープドッグ(アイスランド固有種
・北極キツネ

鳥類

・パフィン
・カモ
・アヒル
・アジサシ
・白鳥

魚類

・クジラ
・アザラシ
・タラ

小型哺乳類

・ドブネズミ
・モリアカネズミ
・ハツカネズミ

ペット

・イヌ
・ネコ

基本情報

アイスランド共和国
Republic of Iceland


アイスランドの国旗

国旗

アイスランドの国章

国章

場所
地理
建国・独立 1944年6月17日
首都 レイキャヴィーク
人口(2018年総計) 355,620人(170位)
面積 103,000km2(105位)
社会
主要民族 アイスランド人
公用語 アイスランド語
主要宗教 アイスランド国教会(ルター派)
政治・経済
憲法 アイスランド共和国憲法
政治制度
  • 共和制
  • 議院内閣制
国家元首 大統領
軍事組織
  • アイスランド危機対応部隊
  • 防衛庁
  • 沿岸警備隊
  • 警察特殊部隊
主要産業
通貨 アイスランドクローナISK
自然
気候

南部:西岸海洋性気候(Cfc)
北部:ツンドラ気候(ET)

クヴァンナダルスフニュークル(2,106 m)
ショウルス川(約230km)
ヨークルスアゥルロゥン(18 km2)
グリームル(約190m)
インフラ
主要空港
  • ケプラヴィーク国際空港
  • レイキャヴィーク空港