アイスランドの自然環境

アイスランドの地勢<地図画像>面積海岸線の長さ海抜103,000 km24,988 km最高:2119 m平均:500m山河川海峡・クヴァンナダルスフニュークル山(2106m)※国内最高峰・カトラ火山(1512m)・ヘルズブレイズ(標高1682 m)・ソグ川(国内最大流量)・ショゥルスアゥ(230km:国内最長)・スケイザルアゥ(約30km)・ブランダ(約125km)デンマーク海峡湾半島島・ファク...

アイスランドに生息している動物は、実はヒツジを始めとする家畜が大半だったりしますが、空気の澄んだ自然豊かな土地なので、他の国では見られない多種多様な渡り鳥が観察できることでも知られます。中でもパフィンはアイスランドを代表する鳥類といっても良いでしょう。アイスランドに固有種は多くありませんが、アイスランド・シープドッグは、この国に生息する数少ない固有種の1種です。バイキング時代に持ち込まれたノルウェ...

アイスランドの気候は、極地特有の寒冷・乾燥気候です国土の大部分は、むき出しの溶岩砂漠や荒野が覆っており、植物の生育に適した土地とはいえません。しかしそれでも比較的温和な南部の沿岸地域には、それなりの植生がみられ、現在5500種の野生植物が確認されています。アイスランドの観光名物ルピナスとはアイスランドで最も有名な植物といえばやはりルピナスでしょう。ルピナスは、鮮やかな紫色の小さな花をつける、多年草...

アイスランドには「火と氷の国」といわれています。その名の通り、陸地の大部分が氷河、溶岩、荒野などに覆われており、国土に占める森林面積は0.3〜0.5%程度しかありません。ヨーロッパで最も森林の少ない国といわれています。なぜ森林が少ないのかアイスランドはもともと無人の島で、バイキングによる植民が始まる前は、島の30%から40%がカバ林に覆われていたと伝えられています。しかし人類が定住を始めると、その...

アイスランドは北大西洋に浮かぶ四方を海に囲まれた島国です。記録上は西暦1000年にアイスランド出身のレイフ・エリクソンが最も古い大西洋横断者とされています。それに先だって、バイキングのノルマン人が、本拠地のノルウェーから大西洋を渡り、無人だったアイスランドに植民を始めています。北大西洋には長大な海嶺が縦断しており、この海嶺が海面上に姿を現したのがアイスランド島です。このような島は世界中探してもアイ...

アイスランドの山クヴァンナダルスフニュークル山カトラ火山標高2106m(国内最高峰)標高1512m所在地スカフタフェットル国立公園所在地アイスランド南部備考国内最高峰の火山エーライヴァヨークトルの一部をなす備考国内最も危険といわれる火山。最後の大規模噴火は1918年に起こった。ヘルズブレイズエシャン山標高標高1682 m標高914 m所在地北アイスランド東部所在地首都レイキャヴィークから約10km...

アイスランドには多くの氷河が存在し、その氷河を水源とする川が、多岐にわたり流れています。川の流域には水力発電所も建設されており、アイスランドにおける重要な水力資源として利用されています。アイスランドの川ショウルス川ソグ川長さ約230km(国内最長)長さ流量流量平均 110 m3/s水源ホーフス氷河水源シンクヴァトラヴァトン河口河口大西洋周辺都市アゥルネースシスラ周辺都市特徴名前の由来はアイスランド...

アイスランドには大小合わせ70以上の湖が存在します。アイスランドの湖ソゥリスヴァトン湖シンクヴァトラヴァトン湖所在地所在地面積83-88 km2面積84 km2最大水深113 m最大水深114 m特徴特徴ブリョンドゥロゥン湖ラーガルフリョゥト湖所在地所在地面積57 km2面積53 km2最大水深39 m最大水深112 m特徴特徴ミーヴァトン湖ホゥプ潟湖所在地所在地面積37 km2面積29-44 k...

アイスランドは、多くの雨をもたらす北大西洋気候に属する、夏になると溶け出し川を生成する氷河が多い、といった条件が重なっているので、国内に多くの滝が存在します。アイスランド語で滝は「フォス(foss)」と呼ぶので、「〜フォス」という名前の滝が多いです。アイスランドの滝ゴーザフォスグトルフォス高さ・幅高さ:12m幅:30m高さ・幅高さ:約30m幅:約70m所在地アイスランドの北中央部>ミーヴァトン地区...

アイスランドには全部で3つの国立公園が存在しています。アイスランドの豊かな自然や貴重な文化遺産の多くはここに存在し、国の管理のもとでしっかりと保全されています。―アイスランドの国立公園シングヴェトリル国立公園(世界文化遺産)スナイフェルスヨークトル国立公園ヴァトナヨークトル国立公園所在地レイキャビクに近いアイスランド南部アイスランド西部・スナイフェルス半島アイスランドの南東部国立公園指定1930年...

トップへ戻る