レイキャビクの歴史〜名前の由来は?〜

レイキャビクの歴史〜名前の由来は?〜

レイキャビクの旗

 

アイスランドの首都はレイキャビク(Reykjavik)です。ファクサ湾南東岸、アイスランド南西部のレイキャネス半島に位置しています。都市国土面積の数%に過ぎないこの都市に、全人口の2/3を占める約12万人が居住しています。

 

レイキャビクの特徴

 

名前の由来

名前の由来は「蒸気の湧く入江」。レイキャビク最初の上陸者が、近郊の温泉から湯煙が上がる様子を見て、それを炎の煙と勘違いしたことから名付けられた呼称だと伝えられています。

 

 

歴史

レイキャビクは、874年のバイキングの首領アルトナルソンによる建設を起源とします。成立から長い年月の間、「都市」といえるような体裁はありませんでしたが、1750年頃、「レイキャビクの父」として知られるスクーリ・マグヌッソンが都市開発を開始し、1786年に市政施行となりました。

 

それからしばらく経ち、1904年アイスランドが自治を達成すると、首都に設定されました。1944年に宗主国デンマークから分離し、アイスランド共和国として生まれ変わった後も、首都としての役割を引き継ぎました。

 

気候

レイキャビクは北緯64度に位置するヨーロッパのみならず、世界最北の首都となり、北極圏にも近く、冬はほとんど日照のない極夜、夏はほとんど日が沈まない白夜がみられます。

 

経済

アイスランドは寒さの厳しい国ですが、地震や火山活動が非常に活発な地域でもあり、レイキャビク市内のほぼ全域に、これをエネルギー資源として利用した暖房システムが完備されています。

 

極めてエコな再生可能エネルギーで、必要な消費電力の大部分をまかなっているため、空気が非常に澄んでいます。「世界有数の環境保全都市」としての顔があるのもレイキャビクの魅力の1つですね。

 

 

基本情報

アイスランド共和国
Republic of Iceland


アイスランドの国旗

国旗

アイスランドの国章

国章

場所
地理
建国・独立 1944年6月17日
首都 レイキャヴィーク
人口(2018年総計) 355,620人(170位)
面積 103,000km2(105位)
社会
主要民族 アイスランド人
公用語 アイスランド語
主要宗教 アイスランド国教会(ルター派)
政治・経済
憲法 アイスランド共和国憲法
政治制度
  • 共和制
  • 議院内閣制
国家元首 大統領
軍事組織
  • アイスランド危機対応部隊
  • 防衛庁
  • 沿岸警備隊
  • 警察特殊部隊
主要産業
通貨 アイスランドクローナISK
自然
気候

南部:西岸海洋性気候(Cfc)
北部:ツンドラ気候(ET)

クヴァンナダルスフニュークル(2,106 m)
ショウルス川(約230km)
ヨークルスアゥルロゥン(18 km2)
グリームル(約190m)
インフラ
主要空港
  • ケプラヴィーク国際空港
  • レイキャヴィーク空港