アイスランドの場所はどこ?

アイスランドの場所はどこ?

 

日本人にとってアイスランドという国はあまり馴染みのない国かもしれません。場所すらよくわからないという人も少なくないでしょう。そこでここではアイスランドはどこにあるのか、日本との位置関係、周辺諸国、地域分類など基本的な地理関係を紹介しています。

 

 

位置情報

地図

;

地域分類 ヨーロッパ>北ヨーロッパ
属する大陸 ユーラシア大陸>ヨーロッパ大陸
主要な国土 アイスランド島
周辺海域 北大西洋
隣接する国

・アイルランド
・イギリス
・ノルウェー
・グリーンランド(デンマーク領)
など

日本からの距離 8,588 km
首都の緯度経度 北緯64度8分0秒 西経21度56分0秒
備考

 

地域分類

アイスランドが属しているのは、ヨーロッパを東西南北に分類した時の北部地域、北欧と呼ばれる地域です。一般的にアイスランドと、デンマーク、スカンジナビア諸国(ノルウェー、スウェーデン、フィンランド)の計5カ国を北欧諸国と呼ぶ場合が多いです。

 

北欧諸国というのは、歴史・文化・社会の面で共通点が多いことで知られます。代表的なのが言語の近さで、アイスランド語とスウェーデン語、ノルウェー語、デンマーク語は、同じ北ゲルマン語の流れをくんでいます。

 

 

また国旗に関しても、上記5カ国は全て、「スカンジナビア十字」と呼ばれる左寄りの十字が描かれた国旗を利用しています。そしてこの5カ国は北欧理事会という北欧諸国の協調と協力のための国際組織に加盟しています。

 

 

近海

アイスランドは四方を海に囲まれた島国ですが、そんな島国をとりまくのは、世界5大洋の1つ、大西洋と呼ばれる海です。アイスランドはその大西洋をさらに北と南に分けた場合の、北大西洋と呼ばれる海に属しています。

 

 

そしてアイスランドの近海は、メキシコ湾から流れてくる暖流と、北極から流れてくる寒流が合流する「潮目」の場所。魚の餌となるプランクトンが豊富なので、有数の好漁場として知られています。漁業は古くからアイスランドの経済を支える重要産業で、日本も大量のカラフトシシャモをアイスランドから輸入しています。

 

 

日本との位置関係

アイスランドと日本の位置関係

日本とアイスランドの位置(クリックで拡大)

 

アイスランドと日本は8,588 km離れています。お互いの首都の緯度経度は、レイキャビクが北緯64度西経21度、東京が北緯36度東経140度。日本最北の都市である北海道(北緯43度)よりもさらに北に位置しているのがアイスランドです。

 

アイスランド島の歴史

アイスランドは北大西洋上に浮かぶ島国で、グリーンランドの南東、ブリテン諸島やフェロー諸島の北西に位置しています。アイスランド島を主な国土に持ち、ヴェストマン諸島、グリムセイ島など周辺の島々領有しています。

 

 

そして国土の大半を占めるアイスランド島はもともと無人の島でしたが、紀元前300年頃、古代ギリシア人の探検家ピュテアスが、ノルウェー海の航海の際、アイスランドと思われる島「トゥーレ」を発見したと伝えられています。(トゥーレはアイスランドのラテン名として使われることもあります。)

 

中世においては、「既知の世界の境界線を越えた世界の果て」という意味で「ウルティマ・トゥーレ」と呼ばれ、ヨーロッパの人々からは「極地」「北の果て」という扱いだったようです。

基本情報

アイスランド共和国
Republic of Iceland


アイスランドの国旗

国旗

アイスランドの国章

国章

場所
地理
建国・独立 1944年6月17日
首都 レイキャヴィーク
人口(2018年総計) 355,620人(170位)
面積 103,000km2(105位)
社会
主要民族 アイスランド人
公用語 アイスランド語
主要宗教 アイスランド国教会(ルター派)
政治・経済
憲法 アイスランド共和国憲法
政治制度
  • 共和制
  • 議院内閣制
国家元首 大統領
軍事組織
  • アイスランド危機対応部隊
  • 防衛庁
  • 沿岸警備隊
  • 警察特殊部隊
主要産業
通貨 アイスランドクローナISK
自然
気候

南部:西岸海洋性気候(Cfc)
北部:ツンドラ気候(ET)

クヴァンナダルスフニュークル(2,106 m)
ショウルス川(約230km)
ヨークルスアゥルロゥン(18 km2)
グリームル(約190m)
インフラ
主要空港
  • ケプラヴィーク国際空港
  • レイキャヴィーク空港