アイスランドの国旗の意味・歴史

0_flag_national_iceland.png

 

アイスランドの国旗は、青地に赤と白の十字が描かれたデザインとなっています。左寄りの十字は「スカンディナビア十字」もしくは「ノルディック・クロス」と呼ばれており、北欧の国旗によく見られるデザインです。十字は国教であるキリスト教を反映しています。

 

国旗の色の意味

青:アイスランドの国民色で「アイスランド島の山々」を表す。
赤:「火山、祖国愛」を表す。
白:「雪、氷河」が表す。

 

比率

縦横比…18:25
縦の比率…上から7:1:2:1:7
横の比率…左から7:1:2:1:14

 

歴史

アイスランドはもともとデンマークの植民地だったことから、国旗はデンマーク国旗がベースになっています。今のデザインに近い「青地に白のスカンジナビア十字の旗」がアイスランドのシンボルとして使われるようになったのは、まだアイスランドがデンマーク領だった1897年からです。

 

1915年6月19日、アイスランド王国として独立する3年前に、十字に赤が加わったことで、今のデザインになりました。そして1944年、「アイスランド共和国」としてデンマークから独立した際に、正式に国家のシンボルとして定められたのです。

 

トップへ戻る