覚えておくべきアイスランド3つの島の名前

覚えておくべきアイスランド3つの島の名前

 

アイスランドの国土の大半はアイスランド島が占めていますが、周辺の島嶼も領土の一部です。それらの島々は、人が住んでいる島もあれば、無人の島もあります。ここでは主要な3つの島、グリムセイ島、ヘイマエイ島、スルツェイ島の地理・歴史を紹介しています。

 

 

グリムセイ島(Grimsey)

グリムセイ島の位置

 

緯度経度:北緯66度33分・西経18度00分
海域:北極海
面積:5.3km2
人口:61人(2018年)

 

アイスランドの最北部、本土から北へ約40kmの北極圏内に位置する島です。岩石の固まりのような島で、地表は豊富な草と苔に覆われています。100人に満たない住民の多くは、漁労で生計を立てています。またアイスランドの象徴パフィンを始め、多種多様な鳥が観察できるバードウォッチングの名所として知られます。

 

ヘイマエイ島(Heimaey)

ヘイマエイ島の位置

 

緯度経度:北緯63度26分・西経20度16分
海域:大西洋
面積:13.4 km 2
人口:4500人(2005年)

 

アイスランドの南海岸から7.4 km地点にある、ヴェストマン諸島最大にして、唯一人が住む島です。エルトフェットルという標高200mの火山がありますが、この火山は1973年1月21日に起きた噴火によって出来たものです。この島の漁港の水揚高はアイスランド屈指のもので、島の経済の要となっています。

 

スルツェイ島(Surtsey)

スルツェイ島の位置

 

緯度経度:北緯63度18分15秒・西経20度36分20秒
海域:北大西洋
面積:1.4 km 2
人口:0人(無人島)

 

アイスランドの南西沖に浮かぶ、ヴェストマン諸島最南端の島です。1963年から1967年に起こった海底火山の噴火で形成されました。荒れ果てた土地に動植物がどのように繁殖・定着していくのか、そのプロセスを知る上で貴重な環境とみなされ、2008年に世界遺産(自然遺産)に登録されています。

 

基本情報

アイスランド共和国
Republic of Iceland


アイスランドの国旗

国旗

アイスランドの国章

国章

場所
地理
建国・独立 1944年6月17日
首都 レイキャヴィーク
人口(2018年総計) 355,620人(170位)
面積 103,000km2(105位)
社会
主要民族 アイスランド人
公用語 アイスランド語
主要宗教 アイスランド国教会(ルター派)
政治・経済
憲法 アイスランド共和国憲法
政治制度
  • 共和制
  • 議院内閣制
国家元首 大統領
軍事組織
  • アイスランド危機対応部隊
  • 防衛庁
  • 沿岸警備隊
  • 警察特殊部隊
主要産業
通貨 アイスランドクローナISK
自然
気候

南部:西岸海洋性気候(Cfc)
北部:ツンドラ気候(ET)

クヴァンナダルスフニュークル(2,106 m)
ショウルス川(約230km)
ヨークルスアゥルロゥン(18 km2)
グリームル(約190m)
インフラ
主要空港
  • ケプラヴィーク国際空港
  • レイキャヴィーク空港