アイスランドの気候的特徴|地域や季節ごとの違いを知ろう

アイスランドの気候的特徴|地域や季節ごとの違いを知ろう

アイスランドの気候的特徴|地域や季節ごとの違いを知ろう

アイスランドの気候
気候区 特徴 該当都市
南岸地域の気候

西岸海洋性気候

・1年通じて温暖(夏は涼しく、冬は暖かい)で、安定した降水量がある レイキャビク、へプン、セールフォスなど
内陸高原・北部の気候

ツンドラ気候 (ET)

・1年のほとんどを氷雪に覆われている。
・夏は氷雪が溶け、地衣類や蘚苔、高山植物が出現する。

中部の気候
沿岸の気候

アイスランドの気候区は西岸海洋性気候 (Cfc)にあたり、湿潤温和な気候です。

 

「氷島」という名前から受ける印象から、さぞや寒い国なんだろうと多くの人は思いますが、メキシコ湾流に端を発する暖流の、北大西洋海流の影響で、意外に冬の寒さはそこまで厳しくありません。

 

アイスランドは高緯度の国ですが、同緯度のフィンランドやスウェーデン北部は、最低気温が氷点下20度を下回るのに対し、アイスランドはせいぜい氷点下3度ほどです。

 

アイスランド低気圧と気候

アイスランドの内陸地域では、冬にしばしば天気の劇的な変化が起こり、暴風や暴雨に見舞われ、気温が急変することがあります。これは、アイスランドとグリーンランドの中間に、ほぼ1年中発生している低気圧「アイスランド低気圧」が原因です。特に冬に発達し、風雨を引き起こすなど、北半球全体の気候に影響を与えているものです。

 

火山と気候

アイスランド島の火山活動による噴出物が原因で、希に雷雨が発生することがあります。火山はしばしばアイスランドの気候に大きな影響を与え、噴火のエネルギーで竜巻が発生することも。

 

トップへ戻る