アイスランドの主な貿易相手国は?

アイスランドの主な貿易相手国は?

 

アイスランドは世界有数の海洋国なので、昔から海運による貿易はさかんに行なわれています。ここではアイスランドの輸出入品目の傾向や近年の動向、日本との貿易関係などについて紹介します。

 

 

基本情報

主な輸出品目 アルミニウムおよびアルミニウム製品、水産物、肉・くず肉の粉等、合金鉄、医薬品
主な輸入品目 燃料、炭素系電子機器、自動車、ボーキサイト、酸化アルミニウム(アルミナ)、農産物
主な輸出相手国 イギリス、ドイツ、オランダ、アメリカ、ノルウェー、中国、日本、ロシア
主な輸入相手国 スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、ドイツ、アメリカ、中国、日本、オーストラリア、ブラジル、サウジアラビア、トルコ
主要貿易都市 レイキャビク

参照データ:https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iceland/data.html

 

輸出品目の転換

アイスランドは四方を海に囲まれた島国なので、漁獲資源が豊富です。また周辺海域は暖流と北極方向からの寒流がぶつかる潮目で、世界有数の漁場になっています。そのため古今通じて、水産物はアイスランド貿易の輸出品目の根幹です。

 

 

一方で近年は、古くから続く水産物依存からの脱却を図り、工業に軸足を移しかけており、アルミニウム製品やソフトウェア、医薬品の輸出なども多くなっています。

 

 

天然資源の輸出入

アイスランドは天然資源にはあまり恵まれませんが、ほぼ唯一の鉱物資源として塩を産出しています。

 

またアイスランドはアルミニウム精錬産業がさかんですが、原料である酸化アルミニウム(アルミナ)は自国では手に入らないので、アメリカ、オーストラリア、ドイツなど海外からの輸入に依存しています

 

日本との貿易

日本との貿易はアイスランド全体の貿易額からみるとわずかですが、日本への輸出品目としてはカラフトシシャモなどの御記類、日本からの輸入品目としては自動車など機械製品が目立ちます。

 

基本情報

アイスランド共和国
Republic of Iceland


アイスランドの国旗

国旗

アイスランドの国章

国章

場所
地理
建国・独立 1944年6月17日
首都 レイキャヴィーク
人口(2018年総計) 355,620人(170位)
面積 103,000km2(105位)
社会
主要民族 アイスランド人
公用語 アイスランド語
主要宗教 アイスランド国教会(ルター派)
政治・経済
憲法 アイスランド共和国憲法
政治制度
  • 共和制
  • 議院内閣制
国家元首 大統領
軍事組織
  • アイスランド危機対応部隊
  • 防衛庁
  • 沿岸警備隊
  • 警察特殊部隊
主要産業
通貨 アイスランドクローナISK
自然
気候

南部:西岸海洋性気候(Cfc)
北部:ツンドラ気候(ET)

クヴァンナダルスフニュークル(2,106 m)
ショウルス川(約230km)
ヨークルスアゥルロゥン(18 km2)
グリームル(約190m)
インフラ
主要空港
  • ケプラヴィーク国際空港
  • レイキャヴィーク空港