アイスランドの観光業|通貨危機で観光ブームに!?

アイスランドの観光業|通貨危機で観光ブームに!?

アイスランドの観光業|通貨危機で観光ブームに!?

アイスランドの観光
年間観光客数 222万人(2017年)
人気な観光地 レイキャビク、ゲイシール、ヴィークなど
主な観光目的 エコツーリズム、ホエールウオッチングなど
観光GDP
主な観光客 アメリカ人、イギリス人、ドイツ人、カナダ人、フランス人、ポーランド人、中国人、スペイン人、デンマーク人、スウェーデン人

 

一時は2008年の経済危機で窮地に陥ったアイスランドですが、この時通貨安が起きたことで、旅行者にとって安く行ける国になりました。

 

以来この国にやってくる観光客は、2010年には30万人、2011年には56万人、2016年には180万人、2017年には222万人と、拡大を続けており、人気ドラマのロケ地になったこともあり、勢いは止まる気配がありません。

 

この空前の観光ブームによる観光客数の大幅増加は、アイスランドの経常収支を黒字にするのに大きく貢献しました。今や観光業は、漁業を抜いてアイスランド最大の産業といえ、アイスランドを救ったともいえます

 

観光ブームによる問題も…

ただ近年は観光客による自然破壊や迷惑行為といった問題行動が社会問題になっています。とくにアイスランドの人々は、豊かな自然を誇りに思っており、地球温暖化で環境保護が叫ばれる昨今、ますますそれを護っていこうという空気が強まっています。

 

観光は国を豊かにしましたが、逆に悩みの種にもなっているようです。

 

トップへ戻る