アイスランドの人口推移〜疫病、寒波、自然災害が大きく影響!〜

アイスランドの人口推移〜疫病、寒波、自然災害が大きく影響!〜

 

アイスランドの人口は30万人程度と、日本の新宿程度の人口規模で、先進諸国の中ではかなり少ない方です。首都レイキャビク周辺の南西部は、人口密度が最も高く、全体の国土の2%未満に過ぎないこの地域に、全人口の70%が集中しています。

 

アイスランドの人口

 

基本情報

全国の人口

35万5620人
※世界170位(2018年総計)

人口密度 3人/km2
人口の多い都市TOP5

1.レイキャビク
2.コーパヴォグル
3.ハフナルフィヨルズゥル
4.アークレイリ
5.ケプラヴィーク

民族別人口割合 アイスランド人:9割

 

過去からの推移

中世から19世紀半ば位まで、アイスランドの人口は、4〜6万人の間で変動していました。その要因は、寒波だったり、飢饉だったり、腺ペストだったり、火山噴火だったりです。

 

例えば1703年に実施された初の人口調査では50,358人でしたが、1783〜1784年に起きた、ラキ火山の大規模噴火により、約4万人にまで減っています。

 

19世紀半ば以降は、生活環境の改善により、急速に人口は増えていき、1850年に約6万人だった人口が、2008年には約32万人にまで増加しています。

 

将来の増加予想

一方で、ここ100年の人口増加は、少数の移民(※1)と世代交代によるものがほとんどで、大きな変化はみられません。ただ労働力不足のため、将来的に移民はもっと増加していくとみられています。

 

※1…外国人労働者ではポーランド人が多く、約8000人のポーランド人がアイスランドに居住し、アルミニウム工場などで働いています。

 

また国民の5人に1人(国民の20%)は14歳以下と、非常に若い国なので、アイスランド人の人口も、今後もっと増えていくのは間違いないでしょう。

 

基本情報

アイスランド共和国
Republic of Iceland


アイスランドの国旗

国旗

アイスランドの国章

国章

場所
地理
建国・独立 1944年6月17日
首都 レイキャヴィーク
人口(2018年総計) 355,620人(170位)
面積 103,000km2(105位)
社会
主要民族 アイスランド人
公用語 アイスランド語
主要宗教 アイスランド国教会(ルター派)
政治・経済
憲法 アイスランド共和国憲法
政治制度
  • 共和制
  • 議院内閣制
国家元首 大統領
軍事組織
  • アイスランド危機対応部隊
  • 防衛庁
  • 沿岸警備隊
  • 警察特殊部隊
主要産業
通貨 アイスランドクローナISK
自然
気候

南部:西岸海洋性気候(Cfc)
北部:ツンドラ気候(ET)

クヴァンナダルスフニュークル(2,106 m)
ショウルス川(約230km)
ヨークルスアゥルロゥン(18 km2)
グリームル(約190m)
インフラ
主要空港
  • ケプラヴィーク国際空港
  • レイキャヴィーク空港