アイスランドのエネルギー事情〜発電方法の割合は?〜

アイスランドのエネルギー事情〜発電方法の割合は?〜

 

アイスランドのエネルギー政策は「エコ」の一言に尽きます。CO2の排出が極度に少ないことから、非常に空気が澄んだ国として有名で、環境保護の重要性が唱えられる昨今、エネルギー政策先進国として世界中から注目を浴びています。

 

アイスランドのエネルギー政策

 

エネルギー利用の割合

アイスランドにおける電力は、7割を水力、3割を地熱でまかなっています。驚くべきことに、自国の再生可能エネルギーだけで、全ての電力需要が満たせています。他の国より化石燃料への依存が少なく、火力発電所・原始発電所は一切ありません。

 

主要な発電方法

地熱発電

アイスランドは大西洋中央海嶺上に位置する火山大国です。地熱発電のための熱源には事欠きません。北極圏に極めて近い寒さの厳しい国ですが、70年代に入り、地熱の積極利用に取り組んだかいがあり、今ではほとんどの住宅・学校・公共施設で地熱による温水暖房が導入されています。

 

水力発電

アイスランドは西岸海洋性気候に属するので、年間通して雨が多く、また氷河の溶解水などもあるので、水力資源が大変充実しています。この国は水力だけで国内電力の7割をまかなっています。

基本情報

アイスランド共和国
Republic of Iceland


アイスランドの国旗

国旗

アイスランドの国章

国章

場所
地理
建国・独立 1944年6月17日
首都 レイキャヴィーク
人口(2018年総計) 355,620人(170位)
面積 103,000km2(105位)
社会
主要民族 アイスランド人
公用語 アイスランド語
主要宗教 アイスランド国教会(ルター派)
政治・経済
憲法 アイスランド共和国憲法
政治制度
  • 共和制
  • 議院内閣制
国家元首 大統領
軍事組織
  • アイスランド危機対応部隊
  • 防衛庁
  • 沿岸警備隊
  • 警察特殊部隊
主要産業
通貨 アイスランドクローナISK
自然
気候

南部:西岸海洋性気候(Cfc)
北部:ツンドラ気候(ET)

クヴァンナダルスフニュークル(2,106 m)
ショウルス川(約230km)
ヨークルスアゥルロゥン(18 km2)
グリームル(約190m)
インフラ
主要空港
  • ケプラヴィーク国際空港
  • レイキャヴィーク空港