アイスランドの通貨の特徴や歴史|紙幣や硬貨の種類も紹介

アイスランドの通貨の特徴や歴史|紙幣や硬貨の種類も紹介

アイスランドの通貨の特徴や歴史|紙幣や硬貨の種類も紹介

アイスランドの通貨
通貨単位

呼称:アイスランド・クローナ(氷語: islensk krona)
略称:ISK

補助単位

オイラル
※1クローナ=100オイラル

硬貨の種類:デザイン

10オイラル:イカ
50オイラル:エビ
1ISK:鱈(裏側には巨人)
5ISK:イルカ
10ISK:カペリン(=シシャモ)
50ISK:蟹
100ISK:ランプフィッシュ
硬貨の裏(1ISK硬貨以外):ドラゴン、肉食鳥、雄牛、巨人

紙幣の種類:デザイン

500ISK:ジョン・シグルソン
1000ISK:ブリンジョルファー・スヴェインソン
5000ISK:ラグンハイウル・ヨンスドッティル
10,000ISK:ジョナス・ハルグリムソン

発行 アイスランド中央銀行

 

アイスランドの通貨はアイスランド・クローナで、スウェーデンやデンマークなど他の北欧諸国と同様に、「クローナ」という呼称はラテン語の王冠(corona:コロナ)に由来しています。

 

独自通貨の発行

歴史的には、1874年にデンマーク・クローネがアイスランドに導入されたのが始まりです。その後第一次世界大戦が勃発し、デンマークから主権を勝ち取ると同時に、アイスランド・クローネとして分離。1922年に最初の硬貨が発行されました。

 

 

トップへ戻る