アイスランドの農業は牧畜がメインです

アイスランドにおける畜産

 

アイスランドには、寒冷な気候により耕作地がほとんどないため(関連記事:アイスランドの気候的特徴)、農作物を栽培する耕種農業はほとんど行なわれていませんが、広大な草原地帯を利用し、ヒツジを中心とした牧畜(畜産農業)は古くから行なわれています。

 

アイスランドにおける畜産農業

唯一さかんといえる農業は牧畜です。アイスランドでは、人口よりも多い50万頭以上のヒツジが家畜として飼育されています。夏は放し飼い(放牧)にされているので、アイスランドのいたるところで羊の姿を見ることができます。

 

アイスランドで「肉」といえば牛や豚よりヒツジであり、9世紀にバイキング植民者に持ちこまれて以来、この国の重要なタンパク源です。(関連記事:アイスランドの食文化)ヒツジは食べるだけでなく、毛皮は寒さを防ぐウールとして利用でき、寒さの厳しい気候のアイスランドでは、昔から衣食住を支える重要な存在でした。

基本情報

アイスランド共和国
Republic of Iceland


アイスランドの国旗

国旗

アイスランドの国章

国章

場所
地理
建国・独立 1944年6月17日
首都 レイキャヴィーク
人口(2018年総計) 355,620人(170位)
面積 103,000km2(105位)
社会
主要民族 アイスランド人
公用語 アイスランド語
主要宗教 アイスランド国教会(ルター派)
政治・経済
憲法 アイスランド共和国憲法
政治制度
  • 共和制
  • 議院内閣制
国家元首 大統領
軍事組織
  • アイスランド危機対応部隊
  • 防衛庁
  • 沿岸警備隊
  • 警察特殊部隊
主要産業
通貨 アイスランドクローナISK
自然
気候

南部:西岸海洋性気候(Cfc)
北部:ツンドラ気候(ET)

クヴァンナダルスフニュークル(2,106 m)
ショウルス川(約230km)
ヨークルスアゥルロゥン(18 km2)
グリームル(約190m)
インフラ
主要空港
  • ケプラヴィーク国際空港
  • レイキャヴィーク空港