アイスランドの経済

アイスランドの国力を支える主要な産業を紹介しています。漁業四方を海に囲まれたアイスランドでは、昔から漁業は国の根幹を支える産業です。アイスランドの周辺海域は、北大西洋海流(暖流)と北極海からの寒流の合流地点にあたるので、多くの魚が集まる世界有数の漁場として知られます。近年は工業化が進み、昔ほど漁業に軸足は置いてないとはいえ、依然多くの雇用を生み出している重要産業に変わりありません。アイスランドがE...

アイスランドの通貨通貨単位呼称:アイスランド・クローナ(氷語: islensk krona)略称:ISK補助単位オイラル※1クローナ=100オイラル硬貨の種類:デザイン10オイラル:イカ50オイラル:エビ1ISK:鱈(裏側には巨人)5ISK:イルカ10ISK:カペリン(=シシャモ)50ISK:蟹100ISK:ランプフィッシュ硬貨の裏(1ISK硬貨以外):ドラゴン、肉食鳥、雄牛、巨人紙幣の種類:デザ...

アイスランドのエネルギー主要エネルギー資源再生可能エネルギー主要発電方法水力発電:73.8%地熱発電:26.2%エネルギー資源自給率100%CO2排出量歴史年表アイスランドにおける電力は、7割を水力、3割を地熱でまかなっています。驚くべきことに、自国の再生可能エネルギーだけで、全ての電力需要が満たせています。他の国より化石燃料への依存が少なく、火力発電所・原始発電所は一切ありません。そのため非常に...

アイスランドの貿易主な輸出品目アルミニウムおよびアルミニウム製品、水産物、肉・くず肉の粉等、合金鉄、医薬品主な輸入品目燃料、炭素系電子機器、自動車、ボーキサイト、酸化アルミニウム(アルミナ)、農産物主な輸出相手国イギリス、ドイツ、オランダ、アメリカ、ノルウェー、中国、日本、ロシア主な輸入相手国スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、ドイツ、アメリカ、中国、日本、オーストラリア、ブラジル、サウジアラビ...

北極圏にあり、寒冷で乾燥しているアイスランドは植物の生育に適さず、農業生産はあまりさかんではありません。農産物は輸入に依存しています唯一さかんといえる農業は牧畜です。アイスランドでは、人口よりも多い50万頭以上のヒツジが家畜として飼育されています。夏は放し飼い(放牧)にされているので、アイスランドのいたるところで羊の姿を見ることができます。アイスランドで「肉」といえば牛や豚よりヒツジであり、9世紀...

アイスランドの観光年間観光客数222万人(2017年)人気な観光地レイキャビク、ゲイシール、ヴィークなど主な観光目的エコツーリズム、ホエールウオッチングなど観光GDP主な観光客アメリカ人、イギリス人、ドイツ人、カナダ人、フランス人、ポーランド人、中国人、スペイン人、デンマーク人、スウェーデン人一時は2008年の経済危機で窮地に陥ったアイスランドですが、この時通貨安が起きたことで、旅行者にとって安く...

アイスランドの工業主要工業地帯・レイキャヴィーク・ケプラヴィーク・アークレイリ・コーパヴォグル・ハフナルフィヨルズゥル有力産業・アルミニウム精錬産業・ソフトウェア産業・バイオテクノロジー(医薬品など)有力企業リオティントアイスランド株式会社歴史かつてのアイスランドは、漁業・農業を主体とした第一次産業が支える国でしたが、近代になり第一次産業への依存脱却を図り、水産加工業を皮切りに、工業(第二次産業)...

トップへ戻る