アイスランド音楽の特徴

アイスランド音楽の特徴

 

アイスランドは、四方をに囲まれた孤高の島国として、音楽文化も独自の進化を遂げてきました。ここではアイスランド音楽の特徴や、この国伝統の民族楽器を紹介しています。

 

 

アイスランド音楽に多いテーマ

アイスランド民俗音楽(フォークソング)のテーマには、船乗り、放牧など伝統的な文化に関するもの、厳しい冬・火山など特有の地理的環境に関するもの、エルフ、トロールなど北欧神話に関するものなどが目立ちます。

 

アイスランド発祥の楽器

アイスランドの伝統的な民族楽器としてはラングスピル(Langspil)が有名です。アイスランド原産の属打弦楽器の1種です。糸が三本張られており、膝の上に置いて指で弾く仕様です。日本の三味線に近い楽器といえます。

 

ラングスピルによる演奏の様子

 

アイスランドで音楽がさかんな理由

日本でも知られるような知名度の高いアイスランドシンガーとしては、レイキャビク出身のビョークがいます。他にもハフディス・ハルド、エミリアナ・トリーニ、シガー・ロスなどアイスランドは日本よりはるかに少ない人口であるにも関わらず、世界で活躍する音楽アーティストが目立ちます。

 

その要因としては、

 

  • 寒さで厳しい気候環境が、逆に音楽制作に集中しやすい環境を作っている。
  • 市場が狭いゆえに、世界に出て成功を収めようとする志を持つ者が多い。
  • アイスランド人の多くはが英語を話せるので、国外進出のハードルが低い
  • 音楽ホールを建設したり、音楽フェスを誘致したり、国の音楽分野への支援が手厚い

 

などなどが挙げられています。これはアイスランドだけでなく、他の北欧諸国などにも見られる傾向といえるでしょう。

基本情報

アイスランド共和国
Republic of Iceland


アイスランドの国旗

国旗

アイスランドの国章

国章

場所
地理
建国・独立 1944年6月17日
首都 レイキャヴィーク
人口(2018年総計) 355,620人(170位)
面積 103,000km2(105位)
社会
主要民族 アイスランド人
公用語 アイスランド語
主要宗教 アイスランド国教会(ルター派)
政治・経済
憲法 アイスランド共和国憲法
政治制度
  • 共和制
  • 議院内閣制
国家元首 大統領
軍事組織
  • アイスランド危機対応部隊
  • 防衛庁
  • 沿岸警備隊
  • 警察特殊部隊
主要産業
通貨 アイスランドクローナISK
自然
気候

南部:西岸海洋性気候(Cfc)
北部:ツンドラ気候(ET)

クヴァンナダルスフニュークル(2,106 m)
ショウルス川(約230km)
ヨークルスアゥルロゥン(18 km2)
グリームル(約190m)
インフラ
主要空港
  • ケプラヴィーク国際空港
  • レイキャヴィーク空港