アイスランドの伝統的な家「芝生の家(ロイヴァゥス」の実用性

アイスランドの伝統的な家「芝生の家(ロイヴァゥス」の実用性

アイスランドの伝統的な家「芝生の家(ロイヴァゥス」の実用性

アイスランドの伝統的な家としては「芝生の家(ロイヴァゥス:Laufas)」が有名です。英語では「ターフハウス(turf house)」と呼ばれています。

 

ロイヴァゥスは、屋根が芝生で覆われている、まるでファンタジー映画にも出てきそうな家で、アイスランド北部エイヤフィヨルズウル沿岸に伝わる伝統家屋です。9世紀にノルウェーからやってきたヴァイキングの入植者によってもたらされました。

 

芝生で屋根を覆っている理由

極地に近いアイスランドは「氷の島」という和名通り、寒さが厳しい国です。芝生を屋根に植え付けているのは、断熱材として寒さを防ぐためです。石油やストーブがなかった時代は、このような工夫で寒さをしのいでいました。

 

見た目が可愛らしいというだけではなく、しっかりと実用的なのですね。住宅だけではなく、教会の屋根にまで植え付けてあります。

 

ちなみに、ロイヴァスをお目にかかりたい場合は、遠くて寒い北部にまで行かなくても、首都レイキャビクの南東約150km地点にある、スコゥガル民族博物館でも見ることができます。

 

トップへ戻る